末期がん・アイオーダイン情報

がん代替療法について

代替療法の普及イメージ

がんの三大療法(手術、抗がん剤、放射線)に対し、その代わりに行う療法のことを「代替療法」と言います。みなさんはがんの「代替療法」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか。科学的に効果が証明されておらず、怪しいものと否定的に見ている人も多いのではないかと思います。

がんの三大療法と代替療法を比較したページ

 実はこの民間療法、日本ではまだまだ認知度は低いですが、海外ではおよそ半数以上の方が何かしらの民間療法をしているという調査結果が出ているのです。

日本は代替医療の後進国

 がんになると民間療法を利用する人が非常に多いのが現実です。2005年に厚生労働省研究班が行った調査では、約45%の人が補完代替療法を利用していました。また、海外でも48%〜87%に補完代替療法が普及しているというデータがあります。(日本乳癌学会「乳癌診療ガイドライン」2015年版)

 アメリカなどでは、三代療法に限界を感じて、1990年から国を中心にして代替療法に真剣に取り組んでいます。米議会がん問題調査委員会では「三大療法よりも、代替療法のほうが、末期がん患者を救っている」という報告も出しています。代替療法に真剣に取り組んでからアメリカは、がんの死亡者数は年々減少傾向にあります。日本は年々増加しているのとは対象的です。これだけ明確な結果が出ているのにも関わらず、日本では代替療法を行うと異端児扱いされるという残念なことになっています。世界的に見て、日本は代替療法の後進国なのです。

代替療法の種類

 代替療法の種類は数多くあり、全てを載せることは難しいですが、代表的な代替療法を挙げていきたいと思います。また今後、代替療法の特集を挙げていきます。

【がん遺伝子医療】

 遺伝子治療とは患者の細胞に遺伝子を導入することにより病気を治療する方法のことを言います。傷ついたり遺伝子や機能が奪われた遺伝子の代わりに正常な遺伝子を入れる方法と、病気の原因となる遺伝子の働きを抑える方法と大別されます。

遺伝子の導入法には2種類
1.患者の細胞を取り出して体外で目的遺伝子を導入した後、再移植する方法
2.患部に直接遺伝子を導入する方法

遺伝子治療は、欠けている遺伝子を補ったり、有害な遺伝子の働きを抑えることができるので、従来の対処医療ではできなかった遺伝病や癌などの根本的な治療法になる可能性があります。

なお、遺伝子治療は、遺伝子そのものを根本的に治療し、次世代へも影響を与える技術であると誤解されることがありますが、これは間違いです。現在の遺伝子治療はあくまでも患者個人の世代にとどまるように、体細胞に特定の遺伝子断片を導入することによって病気を治す方法です。

【免疫療法】

 そもそも、免疫とは体の中に侵入した異物を排除するために、誰もが生まれながらに備えている能力です。

がんの治療を目的とした免疫療法を「がん免疫療法」といいます。

三大療法が外部からの力(手術・抗がん剤・放射線)を借りてがんを治療するのに対し、免疫療法は本来体が持っている免疫力(免疫細胞)を活かしてがんと闘います。
他の治療ほど即効性はない場合がありますが、効果が長期間持続することを特徴とします。これが免疫療法の最大の利点です。自分自身のもつ免疫力を使った治療なので、体力があり免疫の働きも衰えていない病気の早い段階で使うと、より高い効果をあげることも知られています。

【温泉療法】

 温泉に入浴、あるいは飲用、吸入することなどによって体調を調え、傷や疾病などを治療する医学的見解に基づいた医療法の1つです。

日本では、ヨーロッパの温泉医学が伝えられた近代以前から温泉によって療養する「湯治」が行われてきたのは周知の通りです。この湯治は、温泉に入浴することが主流となっていて、ヨーロッパ諸国の温泉地で盛んに行われている「飲泉」は積極的に行われてこなかったようです。

【食事療法】

 食事によって治癒力を高める方法の総称です。栄養状態を改善し、代謝(体内での物質の変化や入れ替わり)を促進し、免疫を高めることで、ガン体質を改善することが目的です。

【アイオーダイン(ヨウ素コロイド製剤)】

まとめ

 日本では三代療法が主流で、がんに羅患された方の約85%が三大療法を選択します。しかし、アメリカでは8%、カナダでは3%のがん患者しか選択していない現実があります。

アメリカでは代替療法が盛んで、日本の厚生労働省にあたるNCIに公の補完代替医療研究所が設置されているほどです。このように海外では、三代療法から代替療法にシフトしています。

もう一度言いますが、世界的に見て、日本は代替療法の後進国なのです。より多くの方々に、様々な治療法を知っていただく為に、今後は代替療法の具体的な説明もしていこうと思います。

取り扱い商品

  1. 代替療法の普及イメージ
  2. 末期がん患者を救った男
  3. アイオーダイン申込み

アイオーダインとは?

FAQ

A. 1クールは23日間で、2時間毎に、30mlを1日7〜8回です。ご自宅や会社でも飲用できます。

Load More

PAGE TOP