多くの患者を末期がんから生還させた男の奇跡のストーリー

がんは家族の関係に大きく影響する

癌の画像

私は、自分自身に癌に罹った(かかった)経験があるわけではないため、患者の気持ちを100パーセントわかってるとはいえません。患者自身の経験については、闘病記などが数多く出版されているので、そちらを参考にしてください。

その代わり、私には、家族の気持ちが痛いほどわかります。家族が「しなければならないこと」「してはいけないこと」は誰よりも理解してるつもりです。それは、私自身ががん患者の家族として、日々迷い、悩んだ経験があるからです。

加えて、長女を失ったことを機に新たに始めたビジネスで、数多くの患者の家族に接し、寄り添ってきたことでわかったこともあります。本書では、家族が知っておくべき、最新の癌の治療法なども紹介していきますが、最も大事なのは、家族として癌患者にどう向き合うかです。

そこを間違えてしまうと、治療がスムーズに進まないうえ、場合によっては家族の関係が崩壊してしまうこともあります。まずは、私が考えるがん患者の家族の心得について紹介します。

PAGE TOP