多くの患者を末期がんから生還させた男の奇跡のストーリー

がんの闘病は「家族と一緒に闘う」ことが最も重要

家族との写真

もしも、家族が癌(がん)に罹った(かかった)としたら、あなたには何ができるでしょうか。今や日本人の2人に1人が癌になる時代と言われています。テレビや雑誌では毎日のように癌の情報が取り上げられ、芸能人も癌にかかったことを公表するようになっています。そういった意味では、以前よりも癌が身近になったかもしれません。

しかし、治療面はどうでしょうか。医療技術は日々進歩していますが、癌が怖い病気であることは変わっていません。癌の告知を受けた患者は、大きなショックを受けます。どんな初期の癌であっても、治療が非常に困難な病であるというイメージがつきまといます。そんな病気を宣告されると頭の中が真っ白になってしまうのが普通でしょう。癌が見つかったら情報収集をしたり、治療法について検討したり、やるべきことはたくさんあるはずですが、何も考えられなくなってしまう人は人が少なくありません。それには、癌の情報が世間に溢れていることも影響しています。情報量が多すぎて、何から手を付けていいのかわかりません。なかには正しくない情報もあります。そんな中から、自分に有益な情報を見つけ出すのは至難の業です。このような状況で、癌と告知された患者本人が、自分に最適な治療法を見つけるのは難しいものです。

そこで大事なのは、患者の家族が行動を起こすことです。もちろん大切な肉親が、がんであることを知れば患者の家族も大きなショックを受けます。かつての私もそうでした。第二章で詳しく述べますが、「はじめに」でも述べた通り、私は長女を癌で亡くしました。家族が患者と一緒にあたふたしてしまっては、良い治療を受けることはできません。患者に代わって情報収集をしたり、病院を探したり、治療方法を考えたりする人がいなければなりません。私が患者の家族になって思ったのは、「家族こそ治療の中心になるべきだ」ということです。

”なるべき”というより、それよりほかに方法がありません。患者は、ショックで正しい判断ができない状態になり、抗がん剤による治療が始まれば副作用で苦しみ余計に考えることができなくなります。

そして癌は、家族の生活さえも大きく変えてしまいます。生まれたばかりの長女が癌であることがわかったとき、私は癌について無知だったので、医師の判断に従うしかありませんでした。「すべてはお任せします」と祈るような気持ちでした。それでも家族の負担は想像をはるかに超えたものでした。結局、私は経営者経営していたすべての会社を失い、長女も失いました。何もかも失ってしまったのです。癌とはそれほど恐ろしい病気なのです。

PAGE TOP