多くの患者を末期がんから生還させた男の奇跡のストーリー

気持ちを落ち着かせるためペットをプレゼント

気持ちを落ち着かせるためペットをプレゼント

少しでも彼らの気持ちを落ち着かせたいと考え、私は2人にペットをプレゼントすることにしました。私の妻も含め、4人でペットショップへ出かけ、雄と雌の犬を1匹ずつプレゼントしたのです。2人はとても喜んでくれました。雄にはS氏の名前から1字をとって名前を付け、雌の犬にはY子さんの名前から1字をとって名前を付けたようです。

2人は2匹のペットを子どもだと思って、育て始めました。それからY子さんは目覚ましい回復を遂げました。治療は主に抗がん剤を使用していましたが、副作用もほとんどなかったようです。それほど強い抗がん剤ではなかったのでしょう。かえってそれが良かったのかもしれません。3章で詳しく紹介しますが、抗がん剤には強烈な副作用があります。

それは、免疫力にも影響します。がんの増殖を抑えるとともに、免疫機能も叩いてしまうのです。ですから、一時的にがんの進行は止まりますが、すぐに復活して、免疫力の衰えた体を一気に蝕んでいきます。 幸いY子さんは、強い抗がん剤を投与しなかったので、半年ほどで子宮がんは完治したそうです。その後も家族ぐるみの付き合いは続いていますが、再発はしていないようです。今考えてみれば、ペットを飼うことでY子さんの気持ちが落ち着き、生きたいという気力が高まることで治癒に大きな効果をもたらしたのではないかと思います。

PAGE TOP