多くの患者を末期がんから生還させた男の奇跡のストーリー

「心得1」情報収集は家族の役割と考える

心得について

「がんは治る病気」と言われるようになっています。実際、早期発見できれば、完治する確率も上昇しています。しかし、がんで亡くなる芸能人や著名人も少なくなく、「癌(がん)=死」というイメージは拭えません。特に、自分自身が癌と告知された患者にとって、その衝撃の大きさは計り知れず、大きな不安を感じてしまいます。医師から告知を受けた時のことを覚えていないケースも多くあります。まさに、頭が真っ白になったという状態です。

そんな状況の患者には、どんな治療法がいいのか?どこの病院がいいのか?を冷静に判断することはできません。多くの場合は、家族も同様に何も考えられなくなり、最初にがんの告知を受けた医師にすべて委ねることになってしまいます。がんの一般的な治療法は標準治療と呼ばれています。国立がん研究センターのサイトなどでは、標準治療について次のように説明されています。「標準治療とは、科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者に行われることが推薦される治療を言います。」標準治療というと、一般的に行われている治療法のように感じるかもしれませんが、そうではありません。「科学的根拠に基づいた最良の治療法として患者に推薦するもの」ということです。標準治療では、具体的にどんなことが行われているのかといえば、三大療法と言われている手術、抗がん剤、放射線が中心になります。これらが最良の治療法であるという点に、私は疑問を抱いていますが、少なくともがんの専門医は「最新で最良」と信じています。

ですから、担当医に判断を委ねた瞬間に標準治療というレールに乗せられ、次々と治療が施されていきます。 最近は、患者と医師のコミュミケーションが重視され、医師も状態や治療法について丁寧に説明することを心がけているとは言われていますが、常にがん患者に接しながらビジネスを続けている私の印象からすれば、昔とそう変わっていないように思います。その理由の1つとして、医師が忙しすぎるという現状があります。患者にとって、癌の告知は人生最大の危機と言えるかもしれません。しかし、医師は1日に何十人という患者を診断・治療しなければなりません。1人の患者に割ける時間は数分程度しかないのです。

このような状況では、医師から病状について十分な説明が行われ、患者や家族が納得できるはずがありません。だからこそ、患者や家族が自ら情報収集をする必要があるのです。癌の進行度合いにもよりますが、最初に癌の疑いがあることがわかり、がんと診断され、実際に手術などが行われるまでには、早ければ1ヵ月もない可能性もあります。その間に情報収集を行い、行われようとしている治療が本当に正しいのか判断し、そうでなければ最適な治療法を見つけ出さなければなりません。情報はあふれていますが、その中から最適なものを探し出すのが容易ではありません。まずは難しい用語がたくさん出てきます。それまでがんと無縁だった人が情報を理解するためには、用語を正しく知ることから始めなければならないのです。

そして大事なのは、癌の治療法にはどんなものがあるか、前途の標準治療の内容について理解するとともに、それ以外の選択肢にはどのようなものがあるのか、治療の特徴や効果、難易度などについて知っておく必要があります。情報を収集するには様々な方法がありますが、インターネットが強力な武器になることは間違いありません。インターネット上には誤った情報も数多くあるので、取捨選択をする必要がありますが、スピードと情報量に関しては書籍や雑誌などとは比べものになりません。インターネットなら海外の情報も簡単に入手できます。

近年、インターネット上で利用できるページの翻訳の機能はかなりレベルが高くなってきているため、語学が苦手でもある程度の海外の情報を入手することもできます。もしもインターネットが苦手なら、得意な子供や知人などに協力を依頼するのもいいでしょう。ともかく情報収集は時間が勝負です。

PAGE TOP