多くの患者を末期がんから生還させた男の奇跡のストーリー

遠隔治療は国民医療費を減らす効果がある

遠隔治療は国民医療費を減らす効果がある

遠隔治療は海外の患者を救うだけではありません。日本の医療を大きく変える可能性を持っています。日本ではいま、少子高齢化によって地方の過疎化が進んでいます。地方からどんどん人がいなくなり、都会に一極集中しつつあります。特に働き手である若年層が都会に行ってしまうので、地方自治体は税収が減り、財政がひっ迫しています。財政が厳しくなれば、公共サービスも十分に提供できなくなってしまいます。医療も同じです。病気になると、何時間もかけて病院に行かなければならないことも少なくありません。

病気でしかも高齢の人にとって、離れた場所の病院に通うのは簡単ではありません。事故につながってしまうこともあります。そんなときに遠隔治療ができたらどうでしょうか。どんなに離れた場所でも、家にいながら医師の診察を受けることができます。国内の遠隔治療に関しては、政府も真剣に取り組んでいます。人口が減少しつつある日本で医療格差をなくす方法としては、遠隔治療が最も有望だからです。

それは、日本の医療費を減らすことにもつながります。病院が遠くてなかなか行くことのできない高齢者は、ギリギリまで我慢してしまうこともあります。病気が重くなってどうにもならなくなるまで診察を受けなくなるのです。となると、病気が治るまでの時間もかかりますから、医療費も余計にかかることになります。しかし、遠隔治療でいつでも手軽に医師の診察を受けることができれば、病気の初期段階で気づくことができます。少しの薬で治るケースも多いでしょう。早めに診察を受けることが国民医療費の削減に役立つのです。

PAGE TOP