多くの患者を末期がんから生還させた男の奇跡のストーリー

抗がん剤は治すための薬ではない

To cure

がんと診断された患者のなかには、医師から抗がん剤を勧められるケースが多くあります。そのとき患者は、「抗がん剤で治療すれば、がんが治る」と信じようとします。藁 わら にも縋る気持ちですから、それも無理はありません。繰り返しになりますが、そもそも抗がん剤は、がんを治すことを目的に行う治療法ではないのです。

抗がん剤は人によって効果がある場合もあれば、ない場合もあります。がんの部位によっても、進行を止められる場合もあれば、ほとんど効果がない場合もあります。しかし、副作用はほぼすべての患者に現れます。抗がん剤の効果があってもなくても、副作用は付いてくるのです。

仮に抗がん剤の効果があったとしても、抗がん剤だけで完治させることはできません。腫瘍を小さくすることはできても消すことはできないのです。抗がん剤の効果がある間だけ進行を抑えているので、抗がん剤をやめれば再び腫瘍が大きくなります。がんの進行を止めるためには、抗がん剤を続けなければなりません。しかし副作用がありますから、患者の体はどんどん不調になっていきます。また、長期に同じ抗がん剤を使用していると、体に耐性ができてしまい、効果がなくなってしまうことがあります。

抗がん剤はもう治らないと医師が判断した患者に対して延命のために利用されることが多いのです。

PAGE TOP