多くの患者を末期がんから生還させた男の奇跡のストーリー

新会社を立ち上げヨウ素製剤を広める資金を集める

新会社を立ち上げヨウ素製剤を広める資金を集める

私は新会社を設立することを考えました。ヨウ素製剤を世に広めるには資金が必要ですが、現在のような妨害を受ける環境では、何もできません。別会社で事業を興し、その利益をヨウ素製剤の普及に活用しようと考えたのです。
 
そして誕生したのがウィンメディックス社です。この会社の目的は「世界から病気をなくす」ことです。そんな折、アメリカの投資会社「SIG」の社長と出会いました。SIGは、グーグルやゴールドマンサックスなどのグローバル企業にも投資をしています。日本の企業にも 50 社ほどに投資をしています。
 
私は、これまでの経緯を社長に話し、ヨウ素製剤を世に広めるためにウィンメディックスを立ち上げたことを伝えました。すると社長は「君は弟を心臓病で亡くし、娘もがんで失っているのだから患者の家族の気持ちは誰よりも分かるはずだ。ぜひがんばりなさい」と言ってくれたのです。そして、ウィンメディックスへ 50 億円までの投資を約束してくれました。
 
あるとき、SIGの投資先企業が集まって会合が開かれました。その席の最後に社長は私の会社を日本企業のトップ3に入る企業として紹介してくれました。そして、事業の内容のプレゼンをしました。ヘルスケア市場が有望なマーケットであることも手伝って、その結果、世界中の企業が私の会社の事業に協力をしてくれることになりました。

PAGE TOP