多くの患者を末期がんから生還させた男の奇跡のストーリー

「心得2」患者が納得して受けられる治療方法を探す

「心得2」患者が納得して受けられる治療方法を探す

保険診療を行う病院の医師に判断を委ねると、前途のように標準治療のステップに基づいた治療が始まります。相手が医師とはいえ、命に関わる病気の治療法の選択を他人に任せるわけにはいきません。

なかには、医師に細かく質問するのは失礼じゃないか、反論すると見捨てられるのではないか、と心配する人もいますが、大切な肉親の命がかかっている以上、そんなことは言っていられません。うるさいくらいでちょうどいいのです。そのとき、治る確率を確認することも大事です。医師が勧める治療法を受けた場合、がんが寛解する確率はどのくらいなのかを確認しましょう。

患者本人あるいは家族は、「いい治療法がある」「新しい治療法がある」と勧められると、やみくもに飛びついてしまいがちです。そして、飛びついた後は「何とか治って欲しい」と祈るのです。これでは最適な治療法を選択したとは言えません。治る確率はどれくらいなのか、他に良い治療法はないのか、冷静に比較・検討した上で、患者に最適な方法を選ぶ必要があります。そのために医師には徹底的に質問をしなければならないのです。

がんの三大療法は手術療法、抗がん剤療法、放射線療法ですが、それ以外にも先進医療、代替療法など様々な選択肢があります。どんな治療法も、全てのがん患者にとって最適であるものなどありません。患者の状況によって、最適な治療法は変わってきます。多くの治療方の中から、患者に合う治療法を選択し、組み合わせることが重要なのです。

最適な治療法とは、患者の負担が少なく、前向きになれる治療法です。医師が患者に告知をする際、癌の種類や進行度によっては「これは治りませんと」平気で言う場合があります。ただでさえ大きな衝撃を受けているのに、「治らない」と言われれば、治療を受ける気力さえ失ってしまいます。病気を治す上で患者自身の気力、治りたいという気持ちは大事です。その気持ちが癌に克つための免疫力を上げることにもつながります。

ですから、治療法を選ぶときにも、最終的には患者が納得して、前向きに取り組めるものを選ぶのが理想です。それは家族にしか出来ません。

PAGE TOP