多くの患者を末期がんから生還させた男の奇跡のストーリー

三大療法の真実を知っておきたい

三大療法の真実を知っておきたい

最適ながんの治療法を見つけるためには、三大療法の真実を知っておく必要があります。現在、国内で行われているがんの三大療法には、抗がん剤以外にも手術と放射線があることは既に述べました。
 
手術は、ある程度、やむを得ない場合もあると思います。がんを転移させないためには、腫瘍を手術で取り除くのが手っ取り早い場合もあるからです。ただし、手術は体に大きなダメージを与えます。手術後は免疫力も下がりますから、がんと闘う力も少なくなります。ですから、手術は必要最小限に抑える必要があると考えています。
 
放射線は、がんの部位に照射して、直接がんを退治することができますので、ある程度の治療効果があると考えられます。ただ、繰り返しになりますが、三大療法によって正常細胞まで攻撃されてしまうと、免疫力が落ちてしまいます。免疫力が落ちると、がん細胞の増殖を抑えられなくなってしまいます。
 
体の中では、常にがん細胞が発生しています。それでもがんに罹らないのは、免疫システムががんを見つけて退治してくれているからです。がんの治療のために免疫力が落ちてしまうのは非常に危険なのです。一度はがん細胞がなくなったとしても、いずれ再発することになってしまいます。とはいえ、私は日本の医療制度を批判しようとは考えていません。批判をしただけでは何も変わらないからです。
 
そうではなく、がん患者やその家族を少しでも救う活動をしたいと考えて、今日までやってきました。

PAGE TOP