多くの患者を末期がんから生還させた男の奇跡のストーリー

カラオケでストレスを発散する方法も

カラオケでストレスを発散する方法も

ストレスを発散するという意味では、カラオケで思い切り歌うのも効果があります。日ごろの生活の中では、大きな声を出すことはありません。カラオケで大きな声を出して歌うと、誰でもすっきりした気分になります。大きな声を出すと、自律神経を整える効果もあると考えられています。自律神経とは、自分の意思とは関係なく働く神経のことです。

私たちの体は、意識しなくてもさまざまな機能が働いています。例えば、心臓などが動くのもそうですし、血圧や体温の調整もそうです。自律神経には交感神経と副交感神経があります。活動をしているときには交感神経が働きます。交感神経は血圧を上昇させるなどして、活発な行動をしやすくします。一方で休んでいるときには、副交感神経が働きます。血圧を下げるなどして心も体もリラックスさせます。

交感神経と副交感神経のバランスがいいと、健康を維持することができます。大きな声を出して歌うことには、このバランスを整える効果があるといわれています。歌うときに腹式呼吸を心がけると、さらに効果的だといわれます。腹式呼吸は息を吸うときにお腹を膨らませ、息を吐いたときにお腹をへこませる呼吸法です。意識しすぎると、カラオケを楽しめなくなり、逆効果になる可能性もありすが、慣れてくれば自然にできるようになります。

PAGE TOP