適応症例

適応症例

Adaptation case

コロイド化ヨウ素の適応症例について、病名と詳細をまとめました。

『コロイドヨード特集ページ』の一覧を見れます

適応症例

病名 詳細
癌(がん)早期・末期 胃がん、肺がん、前立腺がん、リンパ腺がん、脳腫瘍、スキルス胃がん、乳がん、子宮がん、胆のうがん、肝臓がん、すい臓がん、白血病、喉頭がん、皮膚がん、骨肉腫がん、大腸がん、直腸がん
潰瘍 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
血管障害 脳梗塞、脳溢血、脳血栓、心臓血管障害、血管硬化、高血圧、高脂血症、リュウマチ、喘息、ネフローゼ、肝炎、放射線被曝障害、黄疸、肉腫瘍、肝機能障害、肝硬変、腎臓疾患、子宮内膜症、神経痛、アレルギー疾患、貧血
皮膚病(塗布) アトピー性皮膚炎
眼病(点眼) 緑内障、白内障
ウィルス性疾患 エイズ、結核、ハンセン病(ライ病)、SARS
てんかん、痛風、糖尿病、神経症、自律神経失調症
認知症 アルツハイマー型認知症
薬物依存症 アルコール依存症
病気の予防 細胞活性、免疫活性、抗酸化作用、SOD活性作用、コレステロールの分解、腸内細菌の悪玉除去、その他

注意事項

注意事項

ステロイド剤の効果を低減するため、ステロイド剤によって治療している病気、肝臓病、甲状腺障害、バセドウ病の有機ヨードによる治療は注意を要します。

コロイドヨードの副作用の有無

長年の服用においても副作用は一切報告されていません。通常の医薬品と異なり、オキサイドアニオン(活性酸素)が付いていないために、正常細胞に対して細胞膜や遺伝子のDNAに損傷を与えることによる副作用がないと考えられます。

次の記事:エビデンス

PAGE TOP