コロイドヨードについて

コロイド化ヨウ素とは

What is colloidal iodine

 

『コロイドヨード特集ページ』の一覧を見れます

コロイドヨードとは

ヨウ素とは
ヨウ素は、高濃度の有機ヨードで「ヨードと水素を結合させることで有機化させ、コロイド状で水溶液の中に存在し、体内に取り込むことが出来るヨード」として、科学者の佐藤一善が世界で初めて開発に成功したヨードです。

ヨード元素について

ヨード元素は、消毒作用を持つ天然元素ですが、分子が大きすぎて人体に完全に取り込む事が出来ずに、体表の減菌消毒のみに使用されていました。その分子のコロイド化が実現し、体内の悪性物質の撲滅が可能となったのがコロイドヨードです。

私たちの体を形成する正常細胞に比べて、酸化作用の結果、出現する悪性細胞(がん細胞、悪性リンパ球細胞、ウイルス及び細胞)は全て貧欲に栄養を求めて、糖・タンパク質と統合した形態にて安定し血管内を移動し、正常細胞の20倍以上の濃度及びスピードにて悪性細胞に取り込まれます。

吸収されたヨウ素は高濃度のため、ハロゲン化物質の破壊作用にて貧食した悪性細胞を死滅させることができ、この動きは悪性細胞内に対しては、コロイド化ヨウ素に含まれている微量のカリウムイオンの作用によって、細胞内の水分保有量が増し、ヨウ素が本来持つ抗酸化作用によって細胞の抗老化作用を促進します。漢方で言う補剤の作用を示し、健康を増進します。

癌(がん)の種類

ガンの種類は以下の通りになります。

病名 胃がん、肺がん、前立腺がん、リンパ腺がん、脳腫瘍、スキルス胃がん、乳がん、子宮がん、胆のうがん、肝臓がん、すい臓がん、白血病、喉頭がん、皮膚がん、骨肉腫がん、大腸がん、直腸がん

ヨウ素(沃素・ヨード・iodine)

ヨウ素(沃素・ヨウ素・iodine)は、原子番号S3の元素で元素記号はI。分子式はI2と表されます。ヨウ素は天然に遊離の状態では存在せず海藻、海産動物中に有機化合物として含まれるほか、海水、地下鹹水(かんすい)中に微量に含まれています。日本では房総半島、新潟県の地下鹹水に集中的に偏在してます。資源の貧しいわが国が、南米のチリとともに世界に輸出できる貴重な国産資源です。

ヨウ素は人体に不可欠な15種類の極微量元素の一つ

人間の体を作っている元素は全部で29種類あります。人の体は大部分が水のため、水素原子が60.3%、酸素分が25.5%、炭素分子が10.5%窒素分子が2.4%。この4種類の元素で98.7%を占めています。残りの25種類の元素を合わせても1.3%と微量ですが、人体に必要不可欠な元素ばかりです。その必要不可欠な極微量元素の一つがヨウ素です。

コロイド化学(Colloid chemistry)とは

人体の組織や器官は、60兆個もの細胞が集まり出来ていますが、これらの細胞の生命力(エネルギー)となるものは、鉄やヨウ素、マンガン、銅などを含むミネラル・金属元素から来ており、人間の体内には約32のミネラル・金属元素とほぼ同数の微量ミネラルと微量金属元素が存在します。コロイド化学とは、これらの物質を微粒子にし、生物細胞が利用できる大きさに変換する化学のことです。

自然な状態では、これらの物質はコロイド状で細胞に供給されています。また、現在では、実験でコロイド状物質を生産する事が可能になりました。さらに、コロイド化学の研究が進めば、微量ミネラルと微量金属元素はコロイド状で細胞に存在しています。

コロイド膠質(コウシツ)・・・・・直径1~500mm(10-6~5x10-4mm)程度の粒子が気体、液体、固体中に分散している状態。分子より大きいが、普通の顕微鏡では見えない。

次の記事:コロイドヨード開発の歴史

PAGE TOP