比較した内容を表にしました

がんの三大治療と比較

Comparison

現在の医学治療(三大治療:手術・放射線・抗がん剤)とコロイドヨード療法の情報を記載して比較表にしました。

がんの三大治療との比較

ヨウ素療法 外科療法 放射線療法 化学療法
治療方法 自宅で飲用する がんの患部を直接切除する がん細胞そのものに放射線を当て、直接がん細胞を死滅させる 抗がん剤の投与でがん細胞の活動を抑える
治療対象 全身 局所 局所 全身
対象がん ほぼ全てのがん 早期の固形がん 頭頸がん、子宮がんなど 進行がん、手術後の微小がん、及び転移や部位などにより外科療法が困難ながん
副作用 無し
(※好転反応あり)
臓器侵襲による出血のリスクおよび正常臓器機能の低下・喪失 がん局部周囲の正常細胞も傷害されるため、後遺症が残る場合もある 増殖の早い細胞に対して働くため、がん細胞のみならず正常細胞も殺傷される
デメリット・リスク 三大療法と比べ症例が少ない 痛みを伴い、時期を過ぎると再発、転移の可能性が増大することもある。外科的に解決できないがんも多い。手術自体でがん細胞を撒き散らすこともある。子供や高齢者には適応できないことが多い。臓器を失うことによる肉体的、精神的ダメージが大きい。手術自体のミスを伴う危険がある 適用できないがんが多い。正常な細胞にも大きなダメージを与える。強い副作用で苦しむ。治療を行う医師の技術にかなり左右される 正常細胞をも殺してしまうことが多い。副作用が強く寿命を縮める場合もある。効果も期待するほどではないものが多い
メリット・特徴 QOLを維持した全身療法。がん細胞だけを直接死滅。弱っている細胞をも活性化させる。副作用がない。ヨウ素は二時間しか体内に蓄積していない。 初期がんに対して有効 早期がん及び部位などにより外科療法が困難ながんに有効 絨毛がん、急性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、睾丸腫瘍などで有効性が高い

次の記事:コロイド化ヨウ素の使用結果

PAGE TOP