がんの「発症・再発」の原因

コロイド化ヨウ素の効果

Effect of colloidal iodine

がんの「発症・再発」の原因

『コロイドヨード特集ページ』の一覧を見れます

ウィルス・がん細胞への到着と被爆現象

ウィルス・がん細胞・被爆現象を、かんたんに解説をいたしますのでご覧ください。

  • ヨウ素は体内で生成される物質ではなく食事からの摂取となり、甲状腺ホルモンとしての役目を果たすと、塩となり尿に混じって排出され消費される。
  • コロイドヨード 注射液は、注射すると約10分後には40%が甲状腺に集まる。
  • コロイドヨード 水溶液は、飲用後約20分~40分で相当量が甲状腺に集まると思われる。
  • コロイドヨード を常に甲状腺に満たすことで、血中への甲状腺ホルモンの分泌を盛んにし、ウイルスやがんに到達する甲状
  • ホルモンの量を多くすることにより、タンパク質に包まれたヨウ素は、血液中でハロゲン現象を起こすことなく細胞に直接送り込まれる。
  • ウイルスや癌細胞が取り込む主成分はタンパク質であることから、優先的に甲状腺ホルモンなどタンパク質に包まれたヨウ素は細胞組織に直接作用する。
  • ウイルスやがん細胞に取り込まれた、タンパク質に包まれたミセルコロイドヨウ素が、細胞膜の核に対して被爆現象を起こすと考えられている。

コロイドヨードの副作用の有無

長年の服用においても副作用は一切報告されていません。通常の医薬品と異なり、オキサイドアニオン(活性酸素)が付いていないために、正常細胞に対して細胞膜や遺伝子のDNAに損傷を与えることによる副作用がないと考えられます。

次の記事:がんの三大治療と比較

PAGE TOP