コロイド化ヨウ素の実績

コロイド化ヨウ素の実績

Achievement of colloidized iodine

コロイド ヨウ素は、海外ではWHOの臨床許可でタイ赤十字病院でHIV/エイズ罹病者や難病の臨床治療を行う。国内では、Colloid Iodineは医薬品ではなく飲用食品として、自由診療で医師の指導のもとで、疾病の臨床診療を行う。そのため、医師法20条、薬事法66条に抵触しない範囲での記載となります。

『コロイドヨード特集ページ』の一覧を見れます

WHOの認可のもとタイ赤十字病院で、HIV/エイズ罹病者の治療にコロイドヨード液使用

タイ赤十字

タイ赤十字病院 通称:スネークファーム

    1. WHOの臨床許可のもと、タイ赤十字病院でHIV/エイズ罹病者に対し、コロイドヨード液の経口飲用と注射で臨床診療を行う。
    2. HIV/エイズ罹病者への治癒改善効果が顕著に認められる。
    3. 今後、その臨床診療結果をWHOに報告。WHOのHIV/エイズ罹病者救済としてコロイドヨードの採用を申請する。
    4. タイ政府、タイ赤十字病院よりHIV/エイズ罹病者の治療にコロイドヨード採用の連絡が入る。

個々の医師による臨床診療が、5000名に及ぶ

  1. 自由診療で医師の指導のもと、いろいろな疾病の臨床診療を行う。
  2. 臨床診療は、約5000名に及ぶ。
  3. 臨床診療の研究報告は、個々の医師の研究報告のためコロイドヨードの事例報告は医師法や薬事法に抵触の恐れがありますので掲載できません。

※コロイド化ヨウ素は元素構造で医薬品ではありません。

次の記事:適応症例

PAGE TOP